えん麦のちからを使うベストなタイミングとは

えん麦のちからを使うベストなタイミングとは

 

⇒使い方解説で説明したようにえん麦のちからは水などに溶かして飲むのが基本。
食べ物にも入れられるのでかなり自由度が高いですが、ダイエットのことを考えるといつ飲むのがベストなのでしょうか。

 

ここではえん麦のちからの効果が一番発揮できるタイミングを解説していきます。

 

タイミングは食べる前!

えん麦のちからは飲んだあとに満腹感を得ることによって自然と食事制限ができるようになるもの。
なのでご飯を食べておなかいっぱいになった後よりも食べる前のほうが効果的です。

 

 

公式サイトにもしっかり書いてあります。
さらにできることなら朝食前がベストなタイミング。

 

人間一番おなかが空っぽなのは起きてすぐの状態。
ここでえん麦のちからを飲んでおくことで1日中それなりの満腹感を得ることができます。
胃の中で目いっぱい膨張できますからね。

 

なので昼食の食べすぎやこばらがすいたな、ということも自然と防げてしまうんです。
公式にも

 

 

また、上にも書いてありますがお菓子をよく食べるという人はえん麦のちからをおやつ代わりに食べるのもあり。
1日1本が基準ですがそれ以上使っても問題はありません。
定期コースならペースアップしてもらい、1か月に2か月分届けてもらうこともできます。

 

朝食時にえん麦のちからを使うのを忘れてしまったときは満腹時に飲むのだけは避けておけば効果が劣るということはないでしょう。

 

まとめ

 

朝食時に飲むのがベストなタイミング
おやつ代わりにするとなおよい

 

いつ使ってもそれなりに効果はありますが効率よく痩せたいという人はこんな感じに使ってみましょう。