えん麦のちからは満腹感を刺激して食べすぎを防ぐ!

えん麦のちからは満腹感を刺激して食べすぎを防ぐ!

 

えん麦のちからを購入しようかなと思ってる人は痩せたい、という思いが強いと思います。
でも、実際はどうやってダイエットするのか、っていうのをよく知らない人もいるんじゃないでしょうか。

 

ということでここではえん麦のちからがどうやってダイエット効果を発揮してるのかを解説していきます。
購入を考えてる人は必見です・・・!

 

痩せるポイントは2つ!

ここでは1つ目のβグルカンという成分に関して解説。
⇒もう一つはこちらから

 

βグルカンで食べすぎを防ぐ

えん麦のちからは主な栄養成分がβグルカンというもので成り立っています。
このβグルカンの特徴として水に溶けると高い吸水性があるということ。
水に溶けることでその体積が8倍にまで膨張するんです。

 

 

この8倍の膨張というのがダイエットのポイント!
胃の中の容量をこの膨張したβグルカン、つまりえん麦のちからで埋め尽くしてしまうのでご飯がたくさん食べられなくなるのです。
少しの量でもすぐに満腹感を感じてしまうんですね。

 

また、このえん麦の力自体のカロリーは1袋44キロカロリーと非常に少なめ。
ご飯でおなか一杯になるよりカロリー量がかなり少なくなるんです。

 

膨張は長時間続く!

さらにこの膨張したβグルカンは粘性が非常に高いのも特徴。
粘性が高いと消化吸収がゆっくり穏やかになります。

 

つまり、腹持ちがよくて長い間満腹感が得られるということ!

 

ついついお菓子をつまんじゃったり食後のデザート、なんてことも防いでくれます。
満腹感を引き出し食べる量を減らす
これがβグルカンの効果です。

 

まとめ

 

βグルカンが膨張⇒食事の量が減る⇒摂取カロリーが減るので痩せていく

 

この流れで基本的なえん麦のちからのダイエット効果は始まっていきます。
この満腹感を刺激する方法のいいところは本人は全然つらさを感じないところ。

 

勝手におなか一杯になってくれて、それでいてカロリーも低いので食事制限をやってくれてるんです。
すぐ太ってしまう体質、ダイエットに何回も失敗してきた、そんな人にはぴったりなダイエット法だと思いますよ。